• ホーム
  • バストアップのために筋トレが面倒ならブラジャーで!

バストアップのために筋トレが面倒ならブラジャーで!

ニコニコする女性

バストラップのためには様々な種類がある筋トレが有効ですが、継続しなければその恩恵を受けることは難しく、面倒なことは続かないという人には向いていません。
そんな人には日常で使用するブラジャーを変えることでバストアップする方法がおすすめできます。

バストラップブラジャーの種類は非常に多彩ですが基本的には同じで、胸を直接成長させるのではなく理想的な球状に保つことで形を良く見せるものです。
すでに身体にある組織を利用するので、全体的に即効性が期待できます。
最も代表的なものは、背中や脇に流されてしまっているお肉を持ってきてバストとして使用するタイプです。
ベルトで引っ張った部分を、ワイヤーなどでしっかりと保持するメカニズムを持っています。

バストは年齢を重ねると次第に垂れる傾向にあり、正面から見るとサイズが小さくなったように見えがちです。
そんなバストを下方向から持ちあげて、上向きにすることでバストラップに繋げるタイプのブラジャーもあります。
他の組織を持って来ないで、胸だけで形を作ろうとするタイプが多いのが特徴です。

バストラップブラジャーの中には背中側にも工夫が施されて、姿勢矯正の機能が付いているものもあります。
これは土台となる身体を正した上で良い胸を形作ろうとするものなので一石二鳥です。

バストラップブラジャーを選択する際にもっとも気をつけなければいけないのは、他のブラジャーと同じくサイズです。
一般的なものと比べて特にかっちりと固定するため、合わないサイズのものを選ぶと圧迫してしまい、胸が垂れて逆効果にもなり得ます。
締め付けられると日常生活での意識も奪われがちになります。
少しだけ余裕が感じられて、呼吸をするのに邪魔にならない程度のものを選ぶと良いでしょう。

このようにブラジャーを用いてのバストラップは、身体の他の組織を用いておこなわれ、胸が垂れて小さく見える原因を予防する形で対処されます。
即効性は期待できますが身体の組織は簡単には移動しないため、外したら元に戻ってしまうこともあり、そうならないためには継続して装着する必要があります。

睡眠用のブラジャーは本当に形が崩れない?

バストの位置を理想的な位置に保つためには筋トレをして胸部周辺の筋力を保つことが大切ですが、特別な筋トレを行わなくても姿勢に少し意識を向けるだけで、普段から胸部周辺の筋力を鍛えている効果が期待できます。
身体は力を入れて姿勢を保っていないと、すぐに姿勢が悪くなってしまい背中が丸まった姿勢になってしまいがちです。
そうなると自然とバストの位置が下にさがってしまい、同じ体型でもバストが垂れたように見えてしまいます。

姿勢に気をつけることと共に、呼吸をする時に胸に意識を向けることもバストアップ効果が期待できます。
呼吸をする時には息を吸うと肺の中に空気が入っていきますが、胸を大きく開くようにしないと呼吸が浅くなり、深い呼吸ができません。
反対に胸に空気をたくさん入れるように意識をして呼吸をすると胸が広がり、それと同時にバストの位置も上がってくることに気付くはずです。

姿勢を良くすることも深い呼吸をすることも一日中できることなので、気付いた時に意識をするだけで誰もが胸の筋トレを行っている時間と同じ時間を過ごすことができます。
しかし、起きている時には姿勢に気をつけたり、呼吸を深くすることに意識を向けられても寝ている時間には意識できなくなります。
そのような時には睡眠用のブラジャーを使用するとバストラップ効果を睡眠中も感じながら休むことができます。

1日のなかで睡眠時間が占める割合は思っている以上に長く、この長い時間を何もせずに過ごしているとバストの位置はどうしても下がってきます。
そのため寝ている時には睡眠用のブラジャーを使用することでバストラップ効果をしっかりと出して、起きている時には意識をして胸の位置を高く保つという方法を併用していくことが重要です。